KB금융그룹

 
{"type":"image","settingName":"image","image":{"position":"Right","alt":"","mobileSize":false,"gap":{"top":"0","right":"0","bottom":"0","left":"0"},"sizeType":"custom","originalWidth":202,"originalHeight":129,"width":"202","height":"140","widthUnit":"px"},"setting":{"useCaption":false,"maintainRatio":false,"useMap":false,"map":{"type":"circle","coords":"50,50,10","link":"#","alt":"test"}},"imagePopupData":"","backgroundColor":"Not Specified","theme":"none"}

共に生きる明日を
作るための
KB金融グループの
努力

{"type":"layout","settingName":"layout_2","ratio":[40,60],"changeMobileLayout":false,"useMultiLayout":false,"changeMultiLayout":"","usingSectionPadding":false,"theme":"none"}

KB金融グループは、国民の皆様からいただいた愛を希望でお返しする「国民の金融グループ」となるために困っている人や社会の至る所に様々な分かち合いの心を広げています。

特に、未来の主役である「青少年たち」が希望を持って夢を育むことができるよう支援を続けており、多様性を尊重する美しい社会を作るための「多文化」に関する社会貢献事業には重点的に力を注いでいます。

社会的責任体系図

 
{"type":"image","settingName":"image","image":{"position":"Left","alt":"","mobileSize":true,"gap":{"top":"0","right":"0","bottom":"0","left":"0"},"sizeType":"original","originalWidth":367,"originalHeight":828,"width":"367","height":"828","widthUnit":"px","type":"base64"},"setting":{"useCaption":false,"maintainRatio":true,"useMap":false,"map":{"type":"circle","coords":"50,50,10","link":"#","alt":"test"}},"imagePopupData":"","backgroundColor":"Not Specified","theme":"none"}

事業分野

  • 青少年

    共に夢見る希望

    KB金融グループは、未来の主役である青少年が夢と希望を持った健全な社会構成員として成長できるよう様々な教育・文化活動を支援しています。恵まれない環境にいる青少年の音楽の才能を育てる「KB青少年音楽大学」、障がいを持つ青少年の具体的な進路設計と社会性向上を支援する「KB希望キャンプ」など、青少年の成長に実際に役立つ内容でプログラムを構成・提供しています。

    KB青少年音楽大学

    音楽に対する才能や熱意を持つ恵まれない環境の青少年120人を対象に、全国6校の音楽大学の教授のマンツーマン指導、地域別コンサート、合同演奏会など、大学と連携した質の高い音楽教育を継続して支援しています。支援を受けた学生の多くが芸術高校に入学し、全国レベルの音楽コンクールで優勝または入賞するなど、未来の音楽家達の大きな希望となっています。
    ※ 6校の協力大学:梨花女子大、祥明大、ナザレ大、朝鮮大、慶尚大、江原大

    1 2 3

    {"type":"coding","settingName":"coding"}

    KB希望营

    通过向120名残疾青少年安排专业咨询、与大学生导师一同进行职业体验以及3天2夜的前途夏令营等,提供规划前途方向的机会。参与者问卷调查结果显示,94%以上的人希望能够再次参与。这个项目已成为帮助残疾青少年实现梦想的代表性项目。

    1 2 3

    {"type":"coding","settingName":"coding"}
    {"type":"layout","settingName":"layout_1","ratio":[100],"changeMobileLayout":false,"changeMultiLayout":"","useMultiLayout":false,"usingSectionPadding":false,"theme":"none"}
  • 多文化

    共に生きていく喜び

    KB金融グループは多文化家庭、及び外国人労働者が自立できる基盤を作り、アジアの低開発国を支援する「多文化事業」に力を入れています。KBの主要な海外進出国であるアジアの地域社会発展に寄与し、多文化家庭とその子供たちが社会の堂々たる一員になれるよう支援しています。

    KBレインボー愛キャンプ

    200人余りの多文化児童を対象に経済・金融教育や様々な文化体験活動を行う社会貢献活動です。エバーランドでの1泊2日のキャンプに参加する子供たちは一日目に経済や金融の基礎知識を楽しく学び、二日目には従業員とペアになって様々なアトラクションを体験します。有益な経済・金融教育と文化体験で構成される充実したプログラムは参加児童だけでなく、多文化関連機関の関係者にも高い評価を受けています。

    1 2 3

    {"type":"coding","settingName":"coding"}

    KBスタービ(飛) 夢開く 多文化メンタリング

    大学生ボランティアが全国40の地域児童センター、150人余りの多文化家庭の青少年を対象に韓国語の教育と学習を支援するプログラムとして、 KB金融グループの主力グループ会社であるKB国民銀行で2013年から推進している事業です。大学生ボランティアが週2回多文化家庭の青少年を訪問し、韓国語の学習をはじめ、国語、英語、数学、社会、科学などの学習をサポートしています。また、文化体験活動の支援を通じて多文化家庭の青少年に韓国文化を体験してもらい、多文化家庭に対する理解を深める活動を展開、また年間10家族40人余りの母国訪問を支援し多文化家族の絆を強くすることにも貢献しています。

    1 2 3

    {"type":"coding","settingName":"coding"}
    {"type":"layout","settingName":"layout_1","ratio":[100],"changeMobileLayout":false,"changeMultiLayout":"","useMultiLayout":false,"usingSectionPadding":false,"theme":"none"}
  • 社会公益

    共に分かち合う愛

    KB金融グループは、共に生きるあたたかい社会を作るため、恵まれない環境にいる人々を支援するなど様々な公益活動をリードしています

    KB国民健康聡明学校

    認知症の可能性がある高齢者を対象に認知症予防及び緩和事業として、国内では初めて企業と民間の専門機関(韓国高齢者総合福祉館協会)の協力で作られた認知症予防教育プログラムです。プログラムを修了した800人余りを対象に調査した結果、MMSE(ミニメンタルステート検査)の評価が向上、運動・社会活動の生活習慣が改善されるなど、肯定的な変化が観察されました。教育プログラムの改善及び標準化を進めるとともに、高齢者福祉館の実務者を対象に認知症専門家の養成スクールを運営することで先導的な協力事業モデルの構築に取り組んでいます。また、青少年サポーターズの運営により高齢者に対する尊敬の念を深め、認知症予防キャンペーンも展開しています。

    1 2 3

    {"type":"coding","settingName":"coding"}
    {"type":"layout","settingName":"layout_1","ratio":[100],"changeMobileLayout":false,"changeMultiLayout":"","useMultiLayout":false,"usingSectionPadding":false,"theme":"none"}
{"type":"layout","settingName":"accordion","theme":"none kbAccodiBackColor kbAccoStyle4"}

ボランティア活動(奉仕団)の紹介

KBスタードリーム奉仕団

KB金融グループは、 恵まれない人々に夢と希望を伝えるため、 全従業員が参加する「KBスタードリーム奉仕団」を運営しています。

奉仕団構成
  • テーマ奉仕団
    核心事業の
    分野別活動
    (青少年、
    多文化など)
  • 才能ドリーム奉仕団
    従業員の才能寄付
    (プロボノ)活動
  • 迅速ドリーム奉仕団
    台風、水害、災害発生時の 迅速復旧支援
ボランティア活動の現況
  • 201313.6
  • 201414.0
  • 201514.1
  • 201612.4
  • 201710.6

1人当たり平均参加時間(単位:時間)

  • 201376,242
  • 201480,934
  • 2015104,747
  • 2016100,690
  • 201780,235

年間累積ボランティア数(単位:人)

{"type":"coding","settingName":"coding"}

各グループ会社の奉仕団

全てのKBグループ会社が同じ分かち合いの精神を共有し、それぞれの社会貢献活動を実践しています。

KB国民銀行奉仕団

以开展社会公益活动为目的, 由KB国民银行职员自发参与组建的志愿活动组织,共由40个志愿团体及1,059个志愿组组成。

{"type":"layout","settingName":"layout_1","ratio":[100],"changeMobileLayout":false,"changeMultiLayout":"","useMultiLayout":false,"usingSectionPadding":false,"theme":"none"}

KB証券奉仕団

社会に対しては責任を、人々に対しては真心を尽くし、従業員のあたたかな思いを込めたボランティア活動を展開し続けています。

{"type":"layout","settingName":"layout_1","ratio":[100],"changeMobileLayout":false,"changeMultiLayout":"","useMultiLayout":false,"usingSectionPadding":false,"theme":"none"}

KB損害保険奉仕団

KB損害保険は、未来の希望である「子供」の福祉と生活の質向上に注力しています。

{"type":"layout","settingName":"layout_1","ratio":[100],"changeMobileLayout":false,"changeMultiLayout":"","useMultiLayout":false,"usingSectionPadding":false,"theme":"none"}

KB国民カード奉仕団

青少年に対する後援を最も重要な社会貢献分野と定め、教育学術、文化芸術など様々な社会貢献事業を展開しています。

{"type":"layout","settingName":"layout_1","ratio":[100],"changeMobileLayout":false,"changeMultiLayout":"","useMultiLayout":false,"usingSectionPadding":false,"theme":"none"}

プルデンシャル社会貢献財団

プルデンシャル社会貢献財団は青少年に夢と希望を与え、命の大切さを呼びかけ、分かち合いの精神を実践することで、美しい地域社会づくりに貢献しています。

{"type":"layout","settingName":"layout_1","ratio":[100],"changeMobileLayout":false,"changeMultiLayout":"","useMultiLayout":false,"usingSectionPadding":false,"theme":"none"}

KB生命保険奉仕団

KB生命保険の全従業員が、月1〜2回の定期的なボランティア活動と四半期に1度の特別ボランティア活動に真摯に取り組んでいます。

{"type":"layout","settingName":"layout_1","ratio":[100],"changeMobileLayout":false,"changeMultiLayout":"","useMultiLayout":false,"usingSectionPadding":false,"theme":"none"}

KB資産運用奉仕団

2006年から月に3回、炊き出しボランティアに参加、本部別には年に2回、「グローバル」「多文化」「青少年」など様々なテーマを掲げた参加型社会貢献活動を行っています。

{"type":"layout","settingName":"layout_1","ratio":[100],"changeMobileLayout":false,"changeMultiLayout":"","useMultiLayout":false,"usingSectionPadding":false,"theme":"none"}

KBキャピタル奉仕団

青少年を対象に多様な社会貢献活動を通じて、青少年が心身共に健康に成長できるよう最善を尽くしています。

{"type":"layout","settingName":"layout_1","ratio":[100],"changeMobileLayout":false,"changeMultiLayout":"","useMultiLayout":false,"usingSectionPadding":false,"theme":"none"}

KB貯蓄銀行奉仕団

庶民金融の安定化に取り組む金融機関として、企業の利益を社会に還元し地域社会での積極的なボランティア活動を行っています。

{"type":"layout","settingName":"layout_1","ratio":[100],"changeMobileLayout":false,"changeMultiLayout":"","useMultiLayout":false,"usingSectionPadding":false,"theme":"none"}

KB不動産信託奉仕団

金銭的な寄付に終わらず、参加と実践のボランティア活動を通じてあたたかい社会を作っていきます。

{"type":"layout","settingName":"layout_1","ratio":[100],"changeMobileLayout":false,"changeMultiLayout":"","useMultiLayout":false,"usingSectionPadding":false,"theme":"none"}

KBインベストメント奉仕団

地域社会において恵まれない人たちを対象に、ボランティア活動や寄贈、寄付など様々な支援を行っています。

{"type":"layout","settingName":"layout_1","ratio":[100],"changeMobileLayout":false,"changeMultiLayout":"","useMultiLayout":false,"usingSectionPadding":false,"theme":"none"}

KB信用情報奉仕団

社会全般に渡る寄付文化の拡散を目指すとともに社会奉仕活動に積極的に参加することで従業員の奉仕精神を育て、社会と未来に貢献するための努力をしています。

{"type":"layout","settingName":"layout_1","ratio":[100],"changeMobileLayout":false,"changeMultiLayout":"","useMultiLayout":false,"usingSectionPadding":false,"theme":"none"}

KBデータシステム奉仕団

全社的なボランティアグループの運営を通じ、より体系的かつ受益者に実質的な支援を提供する様々な社会貢献事業を進めています。

{"type":"layout","settingName":"layout_1","ratio":[100],"changeMobileLayout":false,"changeMultiLayout":"","useMultiLayout":false,"usingSectionPadding":false,"theme":"none"}
{"type":"layout","settingName":"layout_1","ratio":[100],"changeMobileLayout":false,"changeMultiLayout":"","useMultiLayout":false,"usingSectionPadding":false,"theme":"none"}

社会的責任の集中実践期間の運営

KB金融 社会貢献月間

毎年5月を「KB金融 社会貢献月間」と定めています。これにより、全従業員は社会貢献活動に対する意志を固め、分かち合いの文化を共有しています。毎年、グループ会社の従業員約2万5千人が地域社会の様々な分野で社会貢献活動を展開、より大きな愛を広められるよう努力しています。

KB金融 あたたかい冬の分かち合い

毎年12月を「KB金融 あたたかい冬の分かち合い」と定め、グループ会社独自の奉仕活動はもちろん、グループ全体での共同ボランティア活動にも力を入れています。地域社会の住民の皆様とのふれあいや繋がりを深めるために年末には一緒にキムチを作ったり、練炭など冬の生活用品の支援をしたりしています。

{"type":"page","settingURL":"./pages/page_setting.html","theme":"kbfg_mobile_jp","editView":"mobile","desktop":{"width":"100%","padding":{"top":"0","bottom":"0","left":"0","right":"0"},"responsive":false},"slideSetting":{"padding":{"top":0,"right":0,"bottom":0,"left":0},"rateWidthPerHeight":"3:2","maintainRate":true,"slideWidth":100,"slideWidthUnit":"%","slideHeight":350,"findPageNum":"0","pageNumPosition":"top","pageNumSize":"30","pageNumStyle":"none","usersNumStyle":""},"tablet":{"width":"768px","padding":"desktop"},"mobile":{"width":"100%","padding":"0px"},"backgroundColor":"Not Specified","styles":{"font":{"size":"","family":"JPN-KBFGTextL"},"lineHeight":""},"libraries":{"js":[],"css":[]},"slideType":false}